Home > アーカイブ > 2022-02

2022-02

2/26

キッズ

参加人数3名

・ボールフィーリング

・ドリブル

・試合

ドリブル練習もただやるだけではいけません。

スピード、さわる箇所、意識しなければなりません。

上手くなるために練習しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

ジュニア

・鳥かご

・試合

やめる判断ができるようになりましょう。

そのためには必ず選択肢を2つ以上持ちましょう。

意識してプレーしましょう。

 

2/25

キッズ

参加人数4名

・パス

・シュート

・試合

ボールの置きどころが良くなってきました。

継続していきましょう。

次は当て方まで意識できると良いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

U-10

参加人数13名

・鬼ごっこ

・試合

守備のところを試合中は意識しました。

足を出して終わりのシーン、ボールしか見ていないシーン

まだまだ多くあるのでそういうシーンが無くなるようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

U-12

参加人数4名

・パス

・鳥かご

・試合

ゴールの意識をもっと強く持ちましょう。

まだまだ足りません。

ゴールまでのイメージがあるプレーと無いプレーでは、全く変わってきます。

意識しましょう。

2/24

キッズ

参加人数3名

・ドリブル

・1対1

・試合

ボールに対して強く守備が行けるようになってきました。

良いと思います。

その強度の守備を継続していきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

U-10

参加人数9名

・鬼ごっこ

・ドリブル

・ボール回し

・試合

攻撃でコートを広く使うことを意識できています。

それだけではなく状況によって寄ったほうが良いのか自分で判断できるようになりましょう。

継続していきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

U-12

参加人数7名

・鬼ごっこ

・パス

・2対2

・リフティング

・試合

攻守の切り替えところを意識できている選手が増えてきました。

できていない選手も変えていきましょう。

それが次来た時にできなくなってしまっては意味がありません。

言われなくても継続できるようにしましょう。

2/23

キッズ

参加人数3名

・ドリブル

・シュート

・試合

ボールは見ていても相手から取れません。

見ているのではなく、しっかり奪いに行きましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

U-10

参加人数10名

・鬼ごっこ

・リフティング

・2対2

・試合

守備はボールが動いてから行くのでは遅いです。

しっかりと予測をして守備をしましょう。

そうすれば守備のスピードは自然と上がっていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

U-12

参加人数7名

・リフティング

・ターン

・2対1

・試合

数的優位の状況はなるべく時間をかけずにシュートまで行きましょう。

時間をかけると相手の選手の守備が整ってしまいます。

意識しましょう。

2/22

キッズ

参加人数3名

・リフティング

・パス

・シュート

・ターン

シュートの時に軸足の位置にもっとこだわりましょう。

意識して取り組みましょう。

最終的に無意識にできるようになりましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

U-10

参加人数6名

・鬼ごっこ

・ターン

・4対2

・試合

足を出して終わりの守備はやめましょう。

そういうシーンが多いです。

攻撃の選手もそれではうまくなりません。

改善しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

U-12

参加人数8名

・リフティング

・ターン

・2対2

・試合

ボールを持っていない選手は寄る動きと

離れる動きができるようになりましょう。

状況によって寄るのか離れるのか自分で判断できるようにしましょう。

2/19

キッズ

参加人数6名

・ボールフィーリング

・ドリブル

・試合

とにかくたくさんボールに触りましょう。

ドリブルしているときも細かく触ることを意識しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

ジュニア

参加人数11名

・スリークロス

・ボール回し

・試合

攻撃するときはスペースを広く使いましょう。

その方が相手は守りづらくなります。

意識してプレーしましょう。

2/18

キッズ

参加人数3名

・リフティング

・パス

・シュート

シュートはボールの置きどころがとても大切です。

遠くても近くてもいけません。

自分の蹴りやすい所に常にコントロールできるようになりましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

U-10

参加人数12名

・ラダー

・試合

味方に対してのサポートの量を増やしましょう。

試合は1対1ではありません。

チームで戦わなければいけません。

味方からもっとボールを引き出してあげましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

U-12

参加人数7名

・リフティング

・試合

ボールを持っている人に対してのサポートが、

後ろになってしまうシーンが多いです。

ボールを取られないことが目的ではありません。

点を取るためのサポートをしましょう。

2/17

キッズ

参加人数2名

・リフティング

・8の字

・シュート

自分の蹴りやすい所にボールを置くことは大切です。

ボールの置きどころが悪いとミスになってしまいます。

こだわって取り組みましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

U-10

参加人数7名

・鬼ごっこ

・ドリブル

・試合

ドリブルはあくまでも点を取るための手段の一つです。

目的はゴールなのでそれを間違えないようにしましょう。

相手をかわすことに夢中になってゴールを意識できなくならないようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

U-12

参加人数7名

・リフティング

・シュート

・ボール回し

・試合

パスを出した後にもう一度パスコースを作ってあげましょう。

出して終わりではいけません。

もう一度動き直して味方のサポートになってあげましょう。

2/16

キッズ

参加人数6名

・ボールフィーリング

・ドリブル

・試合

とにかくたくさんボールに触りましょう。

自分から積極的にボールを触りに行きましょう。

そういう意識が大切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

U-10

参加人数6名

・リフティング

・8の字

・1対1

・試合

常にゴールを狙ってプレーしましょう。

サッカーの目的はゴールです。

相手をかわしても1点ではありません。

意識して取り組みましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

U-12

参加人数10名

・鬼ごっこ

・パスコン

・サーバー付きボール回し

・試合

常にイメージを持ってプレーしましょう。

ボールを受ける前に次にどうしたいかを考えておきましょう。

それだけで次にできるプレーの幅が変わってきます。

2/15

キッズ

参加人数3名

・ボールフィーリング

・パス

・シュート

・試合

人数が少ない状況で1人でもサボってしまうと簡単にやられてしまいます。

攻撃も大切ですが、それ以上に守備の意識を強く持ちましょう。

失点をしなければサッカーは負けることはありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

U-10

参加人数6名

・リフティング

・ドリブル

・4対2

・試合

オフザボールの時の動きを意識しましょう。

自分がボールを持っていないときも休みではありません。

常にチャンスを伺って頭を動かしてプレーしましょう。

イメージがあるときと無い時では全く違います。

 

 

 

 

 

 

 

 

U-12

参加人数9名

・リフティング

・パスコン

・ボール回し

・試合

ファーストプレッシャーを行くのは当たり前です。

その後のセカンドプレッシャーをしっかり行きましょう。

常に予測して次にどうなるかを考えて守備をしましょう。

Home > アーカイブ > 2022-02

検索
フィード
メタ情報

ページの先頭へ戻る