Home > アーカイブ > 2013-04

2013-04

4月30日U-12スクール

・リフティングバー当て

・ボールキープ鬼ごっこ

・1対1ボールキープ(身体のみ)

・2人組手つなぎボールキープ

・2人組手つなぎサッカー

・ゲーム

U-9と同じく手をつなぎながらサッカーを行ないました。

ボールに行くのか次の動きを入れるのか、同じ方向に

同時に向かっていかないといけません。

引っ張り合っているのが多く見えました。

お互いに声を掛けるなどして動けるようにしていきましょう。

4月30日U-9スクール

・リフティングバー当て

・ボールキープ1対1(フリー、身体のみ)

・2人組手つなぎボールキープ

・ゲーム

2人組でどのように動けば速く動けるかを

考えながら行ないました。手をつないでいる状態で

2人の考えが一緒になって動かなければなりません。

自分の考えだけでは上手く動けません。

コミュニケーションが取れるようにしていきましょう。

4月30日キッズスクール

・リフティング

・移動リフティング

・ボールタッチドリブル~シュート

・1対1

今日はたくさんボールに触りました。

足の裏、インサイド、インステップ、アウトサイド

どのタッチでも上手くコントロールできるように

たくさん触れるようにしていきましょう。

スクール連絡

本日のU-9スクールですが、

雷の影響により、休校となります。

ご連絡が遅くなり、

ご迷惑をお掛け致しまして、大変申し訳ございません。

今日の分は、振り替えにて、別日にお越し下さい。

~来週のキッズ、ジュニアスクールについて~

4月30日、5月1日、5月2日 は、通常通り開催致します。

4月29日、5月3日、5月6日 は、祝日ですので、お休みとなります。

※スクール参加日が祝日と重なる方は、他の曜日、他の週に振替にてお越し下さい。

よろしくお願い致します。

スクール連絡

本日のキッズスクールですが、

悪天候により、お休みとなります。

天候の良い日にまたお越し下さい。

ご迷惑をお掛け致しまして、大変申し訳ございません。

 

4月25日U-12スクール

・3色鬼ごっこ

・フリーリフティング

・ヘディングリフティング

・3人1組ドリブル鬼ごっこ

・3色ドリブル鬼ごっこ

・ゲーム

ドリブル鬼ごっこの練習では、

いつ鬼になるか、いつ逃げる立場になるか、

常に準備しておかなくてはいけない状態での練習でした。

ボールの持ち方1つにしろ、スピードにしろ、見るところにしろ、

どれか1つでも欠けていたら対応が遅れます。

鬼ごっこと試合が一緒とは言えませんが、

1つ1つの準備は一緒の部分があります。

練習の時から、色んな対応が出来るように色んな練習を行っていきましょうね。

4月25日U-9スクール

・センターサークル内ドリブル練習(緩急をつけて)

・フリーリフティング

・変則リフティング

・3人1組ドリブル鬼ごっこ

・3色ドリブル鬼ごっこ

・ゲーム

単純なドリブル練習、短い時間のドリブル練習、

どの練習も必ず自分のためになる練習となっています。

簡単だから、時間を使わないから、少し楽をする。では、いけません。

ちょっとした練習でも、

しっかりと自分の狙いを持ったり、目標を持ちチャレンジしていきましょう。

自分の成長を促すために自分で厳しい環境を作ってみて下さい。

4月25日キッズスクール

・センターサークル内ドリブル練習

・直線ドリブル練習+ボールストップ

・ドリブルシュート練習(言われた色のコーンタッチ)

・ゲーム

ペナルティエリア、ハーフェーラインの上にボールを止める、

ストップ練習を行いました。

みんなしっかりとライン付近でスピードを落とし、

足を上手に使ってボールをライン上に止めていました。

とても良かったです。

試合中に今回のような動きを出すことは少ないかもしれませんが、

優しいタッチ、運び方は必要になります。

練習で出来ていたので、今後、試合でも色んなタッチ、運び方を見せて下さい。

スクール連絡

本日のキッズスクールは、

悪天候のため、お休みとなります。

天候の良い日にまたお越し下さい。

ご迷惑をお掛け致しまして、大変申し訳ございません。

4月23日U-12スクール

・リフティングバー当て

・ドルブル鬼ごっこ

・2対1ボール回し

・2対2突破

・ゲーム

パスを出した後の動き意識して行いました。

次にワンツーでもう一回ボールを受けるのか?

広がっておとりになるのか?

選択肢はたくさんあります。どれが一番ゴールに簡単に

向えるか、選んでいきましょう。

Home > アーカイブ > 2013-04

検索
フィード
メタ情報

ページの先頭へ戻る